« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の8件の記事

2013年4月29日 (月)

筍ごはん♪

国産の筍を見つけてきました。

久しぶりに作ってみると美味しいheart02

20130429_1

紅しょうがを乗っけたのは、味見して少し優しい味になっていたので・・・

2013年4月27日 (土)

幸せ…♪

幸せは求めていると

やってこないかも知れない。

幸せは感じるものだな~♡

ほんの小さな事も

幸せと感じると…

どんどん幸せな出来事がやってくる。

小さな幸せをどれだけ感じられるかが

幸せを引き寄せるコツ♪



・・・こんな話を目にしました。

今日は、どんな幸せを感じますか (*゚▽゚*)

素敵なG.W.をお過ごしくださいネ。

320018_437166513044753_264486468_n


2013年4月26日 (金)

歯ブラシ…♪

電動の歯ブラシを何年か使っては~

普通の歯ブラシへと戻る。

歯の磨き方を何年も縦磨きにしていた…

横磨きでいいんだ!って 何年か前に分かりました。

昔から力を入れずには磨いていたけれど、

こんなにキュコキュコと小刻みには磨いていなかったなぁ~(^-^)

正しい磨き方ももう一度確かめながらブラッシングしようo(^▽^)o

2013年4月21日 (日)

昨日の1枚♪

ジョルジュ・ラ・トゥールの「灯火の前のマグダラのマリア」を紹介されていました。

20130420_georges_de_la_tour

ラ・トゥールの生涯についての記録はほとんど残されておらず、

作品は世界に40枚ほどしかない。

ラ・トゥールは、17世紀半ばに活躍した「夜の画家」と称された国王付画家でした。

当時は、ルイ13世が彼の絵を飾るために、

居室にある他の作品を全て外させたほど著名

かつ人気のある画家だったと言われています。

そんな偉大な画家であったにも関わらず、彼は長い間存在を忘れられていました。

どうして彼の名がそのように長く忘れ去られることになったのでしょうか?

ルイ13世に招聘されたが、ルイ14世の好みに合わず、作品は忘れ去られてしまった。

4枚のマグダラのマリアの絵を描いた。なぜ同じ主題の絵を描いたのでしょう?

20130420_3_georges_de_la_tour

昨日の1枚は他の3枚に比べコントラストが、

柔らかく寄り添うように優しい光で闇と溶け合っていた。

常夜灯のあたる壁は非常に細かいグラデーションで描かれているらしい。

光といえば…フェルメールの窓から灯りだったり、

モネの「散歩、日傘をさす女性」の太陽を感じられるが~

ラ・トゥールのこの作品には窓が描かれていない。

溢れるほどの光の中で暮らしている現在、蝋燭だけの灯りに…

彼女は何を想い、何を考えていたのでしょうね。

この時代の戦争や病魔(チフス)をシャットアウトしたかったのかもしれないですね。

ここにラ・トゥールがこの絵に込めた想いがあるのかもしれない。

光は闇を照らすだけではない、深い瞑想へと誘っている1枚でした。

2013年4月19日 (金)

朝のラジオで…聞いた情報。。。

何やら、アミノ酸の中のギャバってのが、

体の中のストレスを軽減してくれるらしい。

ギャバって…何に含まれているの?

それは、カボチャ、ジャガイモ、トマト。

今、新ジャガが出回っているよね(^O^)/

トマトは、ここでもあがっています!

トマトは、万能な野菜なんだぁ〜♡

大人だけじゃなく、子どもたちも体の中にストレスをためているのよねぇ〜

そういえば、子ども頃、食卓に 『カボチャの炊いたん』や『肉じゃが』が、のっていたなぁ♪

20130419_1

2013年4月11日 (木)

朝の…

朝の日光は、脳への朝ごはん♪

って…ラジオから~流れていました。

なるほどなっ!と思って投稿してみましたscissors

家を出る時は、雨が降っていたのに今はやんで太陽が顔を出しています。

今日もボチボチいこう!

1365630964369.jpg

2013年4月 7日 (日)

春に新調♪

視力は毎年、落ちてる。

去年の健康診断では~0.1と0.3

1回目にはかった時は、0.1もなく、

「もう一度みてみましょう!」って言われてのぞいてみて、0.1。

0.1の方はかろうじて…0.1だった。

メガネ屋さんでみてもらうと~

0.1と0.6だった。

「カメレオンみたいに遠くを見るときと近くを見るとき、

左右どちらかを酷使してみてるんですね。」

「これだと 肩がこるでしょう?」って言われ、

どうりで・・・肩凝りハンパないわぁ~!って。。。

~といことで新調しました。

2013_megane1

2013年4月 2日 (火)

誰かが見ていても 見ていなくても!

花は 手を抜かない

めぐる季節を知っているから

花の季節も 枝葉の季節も

誰かが見ていても 見ていなくても

花の時間を生きている。

『 迷うことなく 悠々と 』

20130402_1_4

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

cook


  • クックパッド
無料ブログはココログ

最近のトラックバック