カテゴリー「新聞」の1件の記事

2008年1月13日 (日)

卵アレルギーの人に朗報☆彡

兵庫県立播磨農業高校(加西市)の生徒らが開発した鶏卵が「卵アレルギーの人でも食べられる」と人気を集めている。

その名も「ハリマ夢たまご」。

エサを工夫し、アレルギー症状を緩和させる成分を多く含ませた。

口コミで評判が広がり、昨年末から阪神百貨店(大阪市北区)でも発売された。

 開発したのは、同校畜産科3年の卵生産研究班の生徒ら。

「卵アレルギーの人でも食べられる卵を」と研究に着手。

納豆やおからなど「健康によい」とされるさまざまな食材をエサに混ぜ、

ニワトリに卵を産ませる実験をした。

その結果、シソや魚粉を混ぜたエサを食べたニワトリに、

アレルギー抑制効果があるとされる不飽和脂肪酸「α-リノレン酸」の含有量が通常の約5倍の卵を産ませることに成功した。

 この卵に、生活習慣病予防の効果が注目されるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)も豊富に含まれていることも判明。

ニワトリがストレスを感じないよう平飼いを導入。

血液検査も行うなど“健康診断”体制を強化し、

ニワトリの病気の感染を防止するなど「食の安全」にも細心の注意を払い、商品化に成功した。

 このたまごを近所の住民などに試験販売したところ、

人気が徐々に広がり、メディアでも取り上げられるようになった。

評判を聞きつけた阪神百貨店が出荷を依頼。

先月上旬から週120個ペースで出荷を始めたところ、

すぐに売り切れるなど大人気となった。

 卵アレルギーの孫がいる夫婦から「卵を食べることができた」とお礼の手紙を受け取るなど感謝の声が続々と寄せられたという。

 生徒らの指導にあたる赤沼幸一教諭(37)

「現時点では生産量が限られているが、養鶏業界が冷え切っているだけに、生徒や業界などに夢を与えられればうれしい。

効果を裏付けられれば、卵アレルギーで困っている人たちに光を与える製品としてアピールできる」と話した。

1月12日産経新聞(経済)より…

 播磨農高の方達~あっぱれ 

腐った物以外、何でも食べられるfooは、何でも口に入れても大丈夫だけれど…

アレルギーを持ったお子さんをお持ちのお母様方は、大変だと思うんだ。

いろんな食材の吟味しながら、食事の用意をしないといけないし、

そのような食材は~割高になっているし。。。

食べられる卵が出てくると~これ又、いろんなメニューが食べれるようになれるから良かった!

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

cook


  • クックパッド
無料ブログはココログ

最近のトラックバック