カテゴリー「グルメ・クッキング」の53件の記事

2013年11月27日 (水)

難しいネ(゜ロ゜)

ラーメンって…難しいネ。

並んで入って待たされて1時間くらいでオーダーしたのが出てきた。

『江戸前煮干中華そば きみはん』

20131127_3_2

あの「大勝軒」に入った時と同じような匂いがした。

つけ麺だからかな?

普通の中華そば、ラーメンというより中華そば。

半チャーハンを頼んだけれど~

これがベチャベチャdown

炊飯器がカウンターから見え(´・ω・`)ガッカリ…!

味もガッカリ。(絶品って看板に載っていたのに~)

ガスだともっと美味しくできるんじゃないかなぁ?

高田馬場の「純連」のチャーハンの方が遥かに旨い。

20131127_2

褒めるところは…というと

カウンターが座りやすかっただけかしら。

カウンターの中の従業員の手が見えず、

何をしているか?分からないというのも残念。

2013年2月17日 (日)

簡単に~お出汁をとりたいなぁ…♪

お出汁をきっちりととって調理すると

塩分も少なめでも美味しく感じるよね。

お味噌汁が毎回、味が薄かったり、濃かったり定まらない(´・_・`)

黄金の比率があれば~と探してみると…

お出汁は  ・昆布…1% (グルタミン酸) ・鰹節…2%(イノシン酸)

お昆布は水に浸けて時間をおいて火にかけ

沸騰する前に取り上げて鰹節を入れて・・・という一連の作業に気を使い、

億劫になってくるんですが~

もっと簡単な方法が、ポットのお湯を鍋に入れ…

お昆布も鰹節も一緒に入れて、沸々するくらいの弱火で10分。

これを濾したら~お出汁の出来上がり。

foo家のポットは800ccなので 1%のお昆布 8g

鰹節は2%の 16g を入れます。

塩分はお出汁と具材を足した0.6%が良いみたいですょscissors

一人分だとこれだけの量のお出汁は多すぎるので、

3回くらいに分けて使っています。

300ccのお出汁を使って、具材を入れて500ccだと

塩分は3g

_1

お味噌汁の場合…お味噌だけを使うと30g

これだと味噌味噌してるから~塩と醤油で塩分調整しています。

半分お味噌にすると 小さじ2で1,4gの塩分含有量。

あとは塩ひとつまみに醤油を小さじ1/2くらいかな?

お出汁をまめに作ると~鰹節が早くなくなってしまうんだよね。

この削り節も↓こんなので作る直前に削った方が美味しいんだろうけれど・・・

Photo

(。-_-。)ウ~ン!継続して使うかなぁ?と思案中。

2013年2月 3日 (日)

巻き寿司を作って…♪

巻いてみました。

20130203_2

恵方巻き?
サラダ巻にして…南南東に向いて~
半分、お昼にまるかじりして、夜は切って食べました。
・・・が~そんなには食べられなかったゎ。
残してしまった。

20130203_3

2013年1月20日 (日)

作業開始☆彡

チマチマした作業を開始(*゚▽゚*)

20130120072837_2

もやしの根切りをすると

リーズナブルなもやしもリッチに・・・ってことはないか!

この作業の達成感が良いんだなぁ♡

毎回、もやしを買ってきたら~やってます。

歯に挟まらないから食べやすいんです。

そしてトマトの湯むき

20130120073018

煮込んだ時に皮だけプカァ~ンと浮かぶと見た目綺麗じゃないので…

煮込み料理をする時に準備します。

「皮のところに栄養があるんだよ!」とよく耳にするけれど~

見た目を重視scissors

2013年1月 7日 (月)

七草粥


セリ、なずな、ごぎょう、はこばら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

今年も健康に・・・
scissors


七草は「邪気を払う」と言われ、

無病息災を祈って食べたのが始まりなんだとか。

正月疲れが出始めた胃腸の回復にも一役買ってくれるので、

理にも
かなった食べ物ですよね!


昨日、お出汁を作った残りで~お粥を作ってみました。

20130107_1_2

20120107_3

御馳走様でした♪

2012年12月23日 (日)

お出汁をとってみよう♪

  1. 昆布はぬらしたペーパータオルでさっと汚れを拭きとる。

    鍋に、水と昆布を入れてひと晩置く。(調理時間外)
  2. (1)を中火にかけ、周囲にぷつぷつと泡がついてきたら、昆布を引き上げる。アクがでていたら、ていねいにとる。
  3. (2)を沸騰直前まで温め、鮪節を手早く箸でほぐしながら加え、ひと呼吸置く。
  4. ペーパータオルを敷いたざるで、(3)を一気にこす(絞らないように)。

    20121223104210_2


    昆布をこれだけ贅沢に使ってとるだしですから、1番だしだけで捨ててしまわずに2番だしも取り、有効につかいましょう。

    【2番だしのとり方】
    昆布と鮪節、水6カップ(1200ml)を鍋に入れ、新たにひとつかみの鮪節を加えて中火にかける。
    煮立ったら、アクをとりながら、5~6分煮てこす。

    【保存方法】
    だしは、冷蔵保存、冷凍保存ができます。

    作りやすい分量で多めに作り、2~3日で使い切る分は冷蔵室へ、それ以上保存するときは冷凍室へ入れます。

    密閉容器や製氷器など、解凍したときに分量がわかる容器で冷凍すると便利です。

2012年7月22日 (日)

マーマレード煮♪

マーマレードで手間いらず♪

20120722_2

お出汁に砂糖を入れてから時間をみて

お醤油入れて作るのより~

マーマレード煮にすると簡単に…

出来ちゃう♪


★手羽元… 6本

★ゆで卵… 2コ

★大根… 冷蔵庫に残っていたのを使用


★マーマレード… 大さじ4(60g)

★醤油… 大さじ3

★料理酒… 大さじ3


調味料をなべで沸騰させて~材料を入れて煮るだけ(ˆ◡ˆ) 

20120722_3

マーマレードぉ~?って思われるかもしれないが・・・

今回は砂糖が入っていないマーマレードを使用したけれど、

砂糖が入っているのも良いかもheart02


20120722_5_2


2010年12月26日 (日)

お正月用簡単「なます」

Detail_m01 

七福なます
れんこん 200g
にんじん 1/2本(80g)
干し椎茸(水2/3カップにつけてもどす) 3枚
しらたき 1/2パック(100g)
油揚げ 1枚
▼下煮用
 椎茸のもどし汁 1/2カップ
 しょうゆ 大さじ1/2
 みりん 大さじ1/2
 酒 大さじ1/2
 砂糖 大さじ1/2
糸昆布(乾燥) 10g
炒り白ごま 大さじ2
▼三杯酢
 みりん 大さじ1
 酢 大さじ3
 砂糖 大さじ1
 しょうゆ 大さじ1
●塩、酢

Detail_m02 

七福なます
れんこんは皮をむいて薄いいちょう切りにし、酢水にさっとつけてアクを抜く。さらに熱湯に酢、塩各少々を加えた中で、ひと混ぜする程度にさっとゆでてザルに上げる。にんじんは皮をむいてせん切りにし、塩少々でもんでしんなりさせ、水気を絞る。
もどした椎茸は軸を除き、薄切りにする。しらたきはさっとゆで、食べやすい長さに切る。油揚げは熱湯でゆでて油抜きし、たてに半分に切ってから細切りにする。
鍋に椎茸のもどし汁と調味料を入れて煮立て、(2)の椎茸、しらたき、油揚げを入れ、落としぶたをする。汁気がなくなるまでときどき混ぜながら煮て冷ます。
糸昆布は食べやすい長さに切る。炒り白ごまは空鍋に入れて香りが立つまで炒り、紙の上にとって包丁で切りごまにする。
三杯酢のみりんを煮きり(電子レンジにかけて泡立たせる)、酢、砂糖、しょうゆと合わせてよく混ぜ、(1)、(3)、(4)をあえる。
冷蔵庫で4~5日は保存がきく。

Detail_m01_2 

大根と柿のなます
大根 300g
小さじ1/2
柿(固いもの) 1/3個(70g)
▼合わせ酢A
 酢 大さじ2
 砂糖 大さじ1
 塩 小さじ1/4
 水 大さじ2
▼合わせ酢B
 酢 大さじ2
 砂糖 大さじ1
 塩 小さじ1/4
 水 大さじ3
柚子 適量

Detail_m02_2 

大根と柿のなます
大根は4cm長さに切って皮をくるりとむき、縦に3~4mm角の細切りにする。塩をふり混ぜて10~15分おき、しんなりしたら水気をしっかりと絞る。
合わせ酢Aの調味料と水を混ぜ、(1)の大根をあえて1時間おき、再び水気をしっかりと絞る。
合わせ酢Bの調味料と水を混ぜ合わせ、(2)の大根をあえる。
保存はこの状態で汁ごと保存容器に入れて冷蔵庫で。4~5日は保存がきく。
食べるときに、柿は皮をむいて細切りにし、(3)の汁気を絞ったものと混ぜ、柚子の皮のせん切りと好みで柚子の絞り汁を加えてあえる。

毎年、このページと前のページを開けて見るから

今年に再載してみました。

お正月の煮物

・里芋 ・にんじん ・干し椎茸 ・れんこん ・絹さや

Detail_m01この材料の割合が覚えやすい!

里芋
里芋またはえび芋 8~10個(700g・正味400g)
 だし汁 約2カップ
 酒 大さじ2
 みりん 大さじ2
 砂糖 大さじ3
 淡口しょうゆ 大さじ1+1/2
 塩 小さじ1/2

にんじん
にんじん(直径4cm位の部位) 200g(約1本分)
 だし汁 1カップ
 酒 大さじ1
 みりん 大さじ1
 砂糖 大さじ1
 淡口しょうゆ 小さじ1+1/2
干し椎茸
干し椎茸(どんこ) (小)12枚(30g)
 椎茸のもどし汁 1+1/2カップ
 砂糖 大さじ1+1/2
 しょうゆ 大さじ1+1/2
 みりん 大さじ1+1/2
れんこん
れんこん 250g
 だし汁 1カップ
 酒 大さじ3
 酢 大さじ3
 砂糖 大さじ3
 塩 小さじ1/2
●酢

Detail_m02

里芋
里芋はタワシでこすって泥を洗い、ザルに広げて皮を乾かす。(皮を乾かしてからむくとぬめりが出にくくむきやすい)。まず天地を切り落とし、縦に六面に面とりするように皮をむく。
鍋に(1)の里芋とたっぷりの水を入れて中火にかけ、煮立つ直前に水にとってぬめりを洗う。
鍋に(2)の里芋を入れ、ヒタヒタになるようにだし汁と調味料を加え、強火にかける。煮立ったら中火にして落としぶたをし、20~30分かけて竹串がスーッと通るようになるまで煮る。そのまま冷めるまでおいて味を含ませる。
煮汁ごと保存容器に入れて(表面が乾かないようにペーパータオルを落とし込んでおくとよい)冷蔵庫へ。3日ほど保存がきく。
にんじん
にんじんは1cm厚さの輪切りにし、皮をくるりとむく。
鍋ににんじんを重ならないように並べ入れ、だし汁を加えて火にかける。煮立ったら調味料を加え、落としぶたをしてにんじんがやわらかく、煮汁がヒタヒタになるまで弱火で15~20分煮る。そのまま冷めるまでおいて味を含ませる。
煮汁ごと保存容器に入れて冷蔵庫へ。3日ほど保存がきく。
干し椎茸
干し椎茸はざっと洗って2カップの水に浸し、浮かないように皿などをのせて冷蔵庫に入れ、一晩おいてやわらかくもどす。
椎茸の汁気を軽く絞り、軸を切り落とす。もどし汁は1+1/2カップをとり分けておく。
鍋に椎茸を並べ入れ、もどし汁と調味料を加えて強火にかける。煮立ってきたらアクをすくいとり、落としぶたをして弱火で煮汁がヒタヒタになるまで約30分煮る。そのまま冷めるまでおいて味を含ませる。
煮汁ごと保存容器に入れて冷蔵庫へ。4~5日は保存がきく。
れんこん
れんこんは3~4cm長さに切り、皮を薄くむき、
穴と穴の間にV字形に包丁を入れて切りとる。

さらに穴の丸みに沿って薄くむくときれいな花形になる。
(1)を7~8mm厚さの輪切りにし、切ったものから酢水につけてアク抜きし、ザルに上げて水気をきる。
鍋にだし汁と調味料を入れて火にかけ、煮立ったられんこんを入れ、3~4分煮て火を止め、そのまま冷めるまでおいて味を含ませる。
煮汁ごと保存容器に入れて冷蔵庫へ。4~5日は保存がきく。
絹さや

絹さや30gは洗って筋をとり、熱湯に塩少々を加えた中で色よくゆで、冷水にとって冷まし、水気をきる。

お正月前に出回る‘えび芋’里芋とひと味ちがう味わい。

保存容器に汁気がかぶるように入れておくこと。盛りあわせる時は汁気をきって。

こちらの記事は前回載せていたのを 読みやすいように又、今年に載せました。

2010年5月 8日 (土)

我が家へ・・・♪

美味しいご飯が食べたくて~happy01

やっと我が家へやってきました(ずぅ~っと欲しかった精米機を買っちゃいました)

100505_093901_2

精米したてのご飯は甘味も増して美味しいですscissors

ぬかが出ます。

100505_103001

これで3回分です。ぬか漬けにも挑戦してみたいですが・・・

ネットで調べてみると~煎りぬかにするとか、生のままが良いとか、

いろいろ載っていて混乱しています。

どなたか…美味しいぬか床の作り方を教えてくださいませませ!

より以前の記事一覧

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

cook


  • クックパッド
無料ブログはココログ

最近のトラックバック